恋愛体験談

恋愛,恋愛体験談,口コミ,彼氏

 

 

大学時代に付き合うことになった彼は、割ともてる人で
私と付き合う直前にも私の他にいい感じの人がいたみたいです。

 

私はそれまで、他のライバルを蹴落としてまでも誰かと付き合いたいと思ったことはなかったのですが、
その彼のことは本当に大好きで絶対に付き合いたいと思っていました。

 

私がとった作戦は「付かず離れず、適度な距離を保つ」という方法です。

 

彼とお付き合いはしていなかったものの、彼から多少の好意はもたれていると思っていたので、
二人で会っている時は「好き」という気持ちを態度に出していたのですが、
他の友達と一緒にいるときはそっけない態度をとったりしていました。

 

また、連絡もあまり自分からはせず、彼から連絡してくるようにして、
彼からの連絡が減ったようなきがしたら、
こちらから何が用事を見つけてそれを口実に会うようにしむけました。

 

また、服装や化粧にも気を付けるようになりました。
それまでは割とデニムにTシャツといった服装で化粧も適当だったのですが、
男受けするような化粧に変えて、洋服もミニスカートしかはかなくなりました。
レギンスやトレンカが大流行していたのですが、男受けが悪いと知っていたので絶対に履きませんでした。

 

結局彼の方から告白してお付き合いができたのですが、付き合うまで絶対に自宅にも入れませんでしたし、
スキを見せませんでした。
そういう堅実的なところがよかったと言われました。